子供わきがは早めに治療が大切です

肉類を減らした食生活が有効

子供わきが : ワキガ対策

ワキガ体質に表れる症状 : 自分の子供にワキガが遺伝? : 肉類を減らした食生活が有効

そのままにしておけば症状が起きた時に、周りの友達から臭いなどと言われてしまうのが不安でしたので皮膚科での診察を受けました。
結果的には軽度のワキガの症状はあるけれども、汗をコントロールする事や皮膚の常在菌の繁殖を防止すれば抑制させる事は出来る、食事からの影響が起きる事もあるので、肉類をなるべく控えるなどで対策が出来る事を教わったのです。
デオドラント効果を持つ制汗剤を利用する事で、脇下の黄ばみも起こらなくなりましたし、食事を注意する事で臭いも感じる事がなくなりました。
症状が軽度のものでしたので、特別手術を行う必要もありませんでしたし、子供が中学に入る頃になると制汗剤を使わなくても臭いが起こらない、シャツの黄ばみも起こらなくなったのです。
今思えば、早めに対策を行っていた事が良い結果に繋がったのではないか、と思っています。

子供のワキガは自分の遺伝によるもので、自分の場合とは少々違っていましたが、臭いが生じる事や白い服が黄色に変色してしまうなど、早めに対策を行う事がとても重要だと感じていますし、早めに対策を行えば周りの子供たちからいじめられずに済むなどのメリットがあるわけです。